子育て応援特別手当は「幼児教育期」のお子さんを扶養する世帯の負担を配慮し支給

スポンサードリンク       プライバシーポリシー



定額給付金のお知らせが我が家にも届きうれしいと思っておられる方も多いと思いますが、「子育て応援特別手当」というのがこれにプラスされることをご存知ですか。

お知らせの中に入っている用紙は、都道府県によって異なるかもしれませんが予め金額が印刷されて送られてくるところもあるようです。

子育て応援特別手当とは、小学校就学前の3年間「幼児教育期」のお子さんを扶養する世帯の負担を配慮して支給される手当のことを言います。

3万6千円特別手当支給とは別に支給され、合計5万6千円の支給になるのではないかと思います。ほとんどは郵送での手続きができるようなっているかと思いますので、また中身を確認してみると良いでしょう。


子育て応援特別手当は申請期間に忘れずに申請しておきましょう

18歳以下の扶養家族の場合には定額給付金が2万円ですが、
これが毎月続いてくれれば、家計も大助かりなんですけどね…。

私の知人に5人のお子さんをお持ちの方がいるのですが、月々国から
支給される支援金だけでは到底足りないと嘆いていたのを思い出します。

児童手当はお住まいの市区町村によって金額は異なるようですが、
やはり小さい子は病院にかかる機会も多いですし、保育所に預けるにも
お金がかかります。

小学生になれば、学費に給食費、中学、高校と進学するにつれて
その額もかなり上がってきます。ですから「子育て応援特別手当」は、
お子さんを多くもつご家庭では本当に助かるものですし、
少子高齢化対策のひとつという事が言えるのではないかと思います。

子育て応援特別手当
申請期間は、平成21年4月6日の月曜日から
平成21年10月6日の火曜日までとなっていますので、忘れずに申請しておきましょう。
もし、この時期を過ぎてしまうと「権利を放棄したもの」と看做されて、本来貰える
手当が全て貰えなくなってしまいます。

例えば小学校に通う前のお子さんが二人、18歳未満のお子さんが一人いる
ご家庭では、奥さんが旦那さんの扶養に入っている場合で、特別手当プラス
子育て応援特別手当で合計15万6千円支給されるわけです。

SPONSORED LINK



子育て応援特別手当でも振り込め詐欺などに注意してください

これだけ支給されると、かなり家計にとっては臨時収入で大助かりなわけですが、
最近テレビ・新聞でも報道される振り込め詐欺なども横行しているようなので
その点は注意が必要ですね。

テレビなどでも注意を促していますが、国や社会保険事務所といった公共機関から
支給されるお金は、振り込まれるのに時間がかかる場合が多いですし、
個別に電話があってコンビニなどのATMで一時的な支払いを要求される
ということはありえません。

そういった場合は、相手の所属組織、電話番号などを確認し、電話をかけなおして
確認するなどして安易に行動を起こさないように注意をしたいものです。


スポンサードリンク